ハクビシン駆除で快適な生活を取り戻す|専門家に依頼しよう

最も危険なシロアリと闘う

駆除作業

土台揺るがす脅威を撲滅

家に侵入してさまざまな被害を与える害虫の中でも、シロアリほど危険な存在はありません。たいていの害虫は衛生環境を悪化させるか、または生理的に忌み嫌われるだけで駆除の対象となります。しかしながらシロアリだけは発生したら放置しておくことができません。木造住宅の柱や床板などを食害し、家を倒壊させることもあるからです。そんな恐ろしいシロアリが見つかった家の住人にとって、害虫駆除業者は強い味方となります。シロアリ駆除はあらゆる害虫駆除作業の中でも最も難易度が高く、素人が中途半端な知識で手を出すのは危険です。目についた個体だけを殺虫剤で駆除するだけではほとんど効果がありません。想像以上に高度な組織力を持つシロアリ集団を全滅に追い込むためには、どうしてもシロアリ駆除の専門知識が必要になります。日本に生息しているシロアリは、ヤマトシロアリとイエシロアリの2種類が大半です。このうちヤマトシロアリは日本のほぼ全域で見られますが、イエシロアリは東日本の太平洋沿岸と西日本にしか住んでいません。両者の生息域が重なる地方の駆除業者にとっては、被害住宅のシロアリがどちらの種類なのかを見極める必要があります。

土台の下に巨大な要塞も

ヤマトシロアリは基本的に大きな巣を作ることがなく、食い荒らす木材そのものが巣に相当します。そのため集団もそれほど大きくならないケースが多く、多くてもも数万匹単位です。一方のイエシロアリは住宅の外に巣を作り、そこから木材のある場所まで通ってきます。その行動範囲は最大100メートルにも及ぶと言われており、ヤマトシロアリよりも遥かに活動です。イエシロアリの巣は地中や住宅の土台下に作られ、しばしば巨大な要塞と化します。長期間にわたって形成された巣なら、畳何枚分もの大きさにもなることがあります。集団の個体数もそれだけ多く、100万匹を数える例も珍しくありません。そのためイエシロアリのターゲットとされた家は短期間で大きなダメージを受けてしまいます。シロアリ駆除業者は被害住宅で見つかった種類がイエシロアリと判明した場合、すぐさま徹底した掃討作戦を開始します。一刻も早くこの大集団を全滅させなければ、住宅が危険な状態になるからです。毒餌や薬剤を使いながら綿密な作戦に沿って駆除作業を粛々と実行すれば、イエシロアリと言えども生き残れません。闘いはシロアリ駆除業者の勝利に終わり、家も無事に救われるのです。