ハクビシン駆除で快適な生活を取り戻す|専門家に依頼しよう

ハチで困ったら

男性作業員

人間社会に適応

スズメバチの被害は毎年、さまざまなメディアで伝えられているように、起こっているのが現状です。特に、秋を感じられるころになると、スズメバチは巣に近づくものを敵と判断することから、それが人間に被害が出る原因といわれています。スズメバチにも数種類が存在しており、特にキイロスズメバチについては、その被害が増えているのです。その原因としては、キイロスズメバチが人間の都市型の生活に順応していることから、生活圏に巣を作ることが多くなっていることが挙げられます。人との接触する機会が多く、その分被害も増えていくわけです。野山の開発が進むにつれ、キイロスズメバチはさらに人間の生活圏に入り込むことが予想され、被害が増えることが考えられます。

安心が一番

これらのキイロスズメバチを駆除する際には、巣ごと取り払う必要があります。近くにいるハチを数匹殺したところで、駆除にはつながらないのです。巣の中には次から次に働き蜂が育てられていることから、巣を駆除する必要があるわけです。スズメバチは、強力なあごと毒針を持っていることから、何もつけずに近づくことは危険なため、防護服を着て駆除することが基本です。そして、駆除を行うときは、夕暮れを待ってから作業することで、ハチの抵抗を極端に抑えることができます。巣穴は一か所であるため、そこに薬剤を吹きかけ、巣ごと袋に入れてしまうことで除去することができます。これらの作業は素人でも可能ですが、事故が起こらないとも限りませんので、専門業者に頼むことが安心です。