ハクビシン駆除で快適な生活を取り戻す|専門家に依頼しよう

蟻の種類と殺虫剤の種類

作業員

白蟻は本来的には自然界の森や林に生きている生き物ですが、日本の木材建築の家屋に住み着くことが多いです。駆除する方法としては、羽蟻を見つけたらすぐに掃除機で吸い込む方法があります。また、設置型の殺虫剤や噴射タイプのものもあります。

もっと知ろう

ハチで困ったら

男性作業員

キイロスズメバチは、人間生活に入り込んで、その数を増やしているのが現状です。被害を抑えるためには、活性の低い時間帯を狙って、防護服を着て駆除する必要があります。危険を伴うことから、専門業者に依頼するのが安心といえます。

もっと知ろう

最も危険なシロアリと闘う

駆除作業

シロアリ駆除は非常に難しい作業のため、専門の業者でないとなかなか成功できないものです。日本にはヤマトシロアリとイエシロアリという2種類が広く生息していますが、特にイエシロアリは家に大きな被害を与えます。家の土台下に巨大な要塞を築くこともあるイエシロアリ撲滅のために、害虫駆除業者の力が必要なのです。

もっと知ろう

ハクビシン侵入に困ったら

白鼻芯

まずはロケーションを確認

ハクビシンはのジャコウネコ科の一種で、生息範囲も沖縄を除く全国に及ぶなど日常で出くわす可能性が思ったより高い動物です。案外かわいい顔をしていますが、雑食性でいろいろなところに潜り込むところから害獣として扱われハクビシン駆除も多々行われているのが現状です。もし、あなたの家に侵入の形跡があり、ハクビシン駆除の必要がある場合、まず第一にやることは、侵入経路の特定です。どこかに隙間や穴があって、そこから侵入を受けている場合、まずはそこを改善しないかぎり状況は改善しません。侵入経路をなくすこと、寝床を作らせない、餌場を作らせないの対処法が効果的です。しかし、ハクビシンの現れる場所が果樹園など室内ではない場合、そこを塞ぐことはできませんので、撃退もしくは捕獲する必要が出てきます。

習性をうまく利用しよう

ハクビシンは同じ経路を通る習性があるので、獣道が出来ることがあります。その経路上の身を隠せるような木や草を刈るだけでも効果が出ることがあります。また、餌になりそうな農作物の取りこぼし、生ゴミなどはすべて掃除しておきます。放置するとそこが餌場になる可能性が上がります。ハクビシンの行動エリアがわかったら、撃退もしくは捕獲します。ハクビシンはニンニクや石油系の匂いを苦手とします。イノシシ、イタチ、野良猫用などの、匂いのでる他の害獣用忌避剤を代用することができます。また、くん製剤も効果があります。また、捕獲器を使って捕獲する際には、餌場周辺や通り道に設置します。餌はハクビシンが好む果物などが良いでしょう。ハクビシンは鳥獣保護法で保護されていますが、農作物に被害が出ているときに限り自治体の許可を得て捕獲が可能です。ただ、素人が手を出してしまうと怪我をする場合もあるので、なるべく許可を得ている業者にお願いするようにしましょう。